ハプニングバーについてのコラム3


Guide

ハプニングバーでやってはいけない5つの行為

ハプニングバーって、何でもしていいところだと思っていませんか?
だけど、ハプニングバーにももちろんルールがあります。
そんなタブー5つの行為を確認してみましょう。

①単独の女性にしつこく絡む
ハプニングバーですので、単独男性が単独女性を誘うのはかまいません。
しかし、しつこいのはダメ。明らかに単独女性が嫌がっているのに、しつこく付きまとってはいけません。
基本的に女性からアタックをするというのはよほどのことがない限りありません。
ですが男性からアタックをしても、反応が薄いと感じたら、別の人と話してみましょう。
あまりにしつこくしすぎると店主から退場の宣言がありますので、気を付けましょう。

②カップルさんの異性とばかり話す
カップルは男女ペアで来ているので、2人と話しましょう。
男性であれば、女性とだけ話したいでしょうが、女性が信頼しているのはカップルの男性のはずです。
カップル2人と話して、男性女性と会話してみましょう。
遊べそうな雰囲気だったら、カップルから許可を得て遊びましょう。

③性行為や特殊な性癖を否定したり茶化す行為
ZONE横浜は縄やSM、フェティッシュな行為が多く行われているお店です。
他のお客様の性癖などを否定することは御法度。
世の中にはいろいろな性癖があります。いろんな世界を見てみるのは楽しいと思いますよ。

④入店する前に電話で女性の入り情報確認する。
店舗スタッフは女性の入り情報について答えません。
掲示板やTwitterを見たりして推測しましょう。

⑤お店の店内状況をSNSに載せたり、外に漏洩する行為
基本的に店内状況はその場では口外禁止です。
ハプニングバーで楽しかったことを後でTwitterでつぶやいてくれると嬉しいです。


心当たりはありませんでしたか?
ここで挙げた行為は普通にしていればやることはないかもしれません。
マナーを守ってハプニングバーを楽しみましょう!

横浜のハプニングバーはぜひZONEにお越しくださいませ。



神奈川県内でカップルも楽しめるハプニングバーなら|横浜ZONE|

ハプニングバー 横浜 ZONEのお役立ちコラム